団地にまつわるプロたちが集まった

団地談笑というタイトルで、全国各地の団地プレイヤーがあつまった。いずれも団地ノスタルジーに浸っているわけではなく、暮らしの環境として団地に魅力を感じている面々である。


くらしの器としての団地

談笑終わりに泉北の"緑道"を歩く。計画されたまちは非常に居心地が良い反面、家しか無い特殊な状況だなと改めて感じた。


佐伯 亮太

Roof.LLC共同代表/大阪大学大学院博士課程在籍中
兵庫県豊岡市(旧日高町)出身、現在兵庫県加古郡播磨町在住。
横浜国立大学大学院 社会空間システム学専攻 建築都市スクールY-GSA 修了(4期)
建築、都市計画、地域自治の知識をベースとした地域づくりのサポートを専門としながら広くまちづくりに関わる。

コンテンツに戻る