兵庫県の事業である地域再生大作戦のアドバイザーとして、たつの市室津大浦地区に関わっています。大浦は、もともと自治会で海水浴場の経営をしていたほど、連帯感の強い地域でした。海水浴場をやめてから、地域のつながりは薄くなり、外から人が来ることも減っていきました。現在は高齢化率も高く、世帯数も年々減っていっている状況です。そんな海際の集落のこれからを一緒に考えています。一番の課題は移動と買い物。病院に行くにも足がない状態をどうにか解決できないか話し合っています。


大浦の海


佐伯 亮太

Roof.LLC共同代表/大阪大学大学院博士課程在籍中
兵庫県豊岡市(旧日高町)出身、現在兵庫県加古郡播磨町在住。
横浜国立大学大学院 社会空間システム学専攻 建築都市スクールY-GSA 修了(4期)
建築、都市計画、地域自治の知識をベースとした地域づくりのサポートを専門としながら広くまちづくりに関わる。

コンテンツに戻る