2020年の秋から、茨城県つくば市に縁のあるプロの演奏家たちが毎月開催している「つくばサロンコンサート」のブランディングとオンライン支援をしています。(コロナでの活動休止を経て、2021年春に「つくば朝のサロンコンサート」から改名)

ご存知のとおり、コロナによって音楽業界は大打撃をうけました。音楽家たちは長い間演奏する場もなく、ホールでの練習さえすることができない状況でした。

そのような中、素晴らしい音楽家たちをサポートする様々な支援が生み出されましたが、音楽が専門の方たちにとっては補助金の申請も、インスタグラム等のSNSも、オンラインによるチケットサービスも、動画の録画も編集も配信も、どれも容易なことではないとのことで、諸々お手伝いをさせていただきました。

「つくばサロンコンサート」は、私が第1子を産んだとき、産後すぐに子どもを連れて本格的なコンサートを聴く場を与えてくれた、そして、今も仲良くできる趣味を同じくしたママ友にも出会わせてくれた、貴重な場です。

帰国したばかり&第2子を妊娠したばかりではありましたが、これは役に立ちたい!と何度も打ち合わせを行い、2021年のリニューアルに向けてRoofの在間(ロゴ・フライヤー等デザイン)と、Voja-tensionの榊原暁氏(動画編集)Roof浦田(WEB・全体ブランディング・オンラインサービス導入全般)の3名でつくばサロンコンサートをサポートしました。

アプリって何?ホームページって?ロゴって??と最初は用語の解説から始まった活動も、あっという間に皆さん習得され、今ではオンラインチケットの受付もスムーズにご自分たちでされています。今度は〇〇をしよう!と意欲的で勉強になります。

コロナの感染拡大で会場ホールが休館になりキャンセルなどもありましたが、リニューアルから2期目に無事入りました。これからも支援を続け「本格的な生演奏を暮らしの身近に」を続けられる一助となれたら幸いです。

第3金曜日はつくばサロンコンサートの日です。是非つくばにお越しくださいね!

WEB(チケット予約・演奏動画)はこちらから



浦田 遥

Roof.LLC共同代表/東京大学大学院工学系研究科修了(都市持続再生学)/まちを共に耕すひと
地域の良さを吸収・展開しながら、世界各地を旅するように暮らす転勤族の妻で1児の母。多様性を活かして生きづらさを解消する仕組みの研究・実践中。なお、自身の生き心地のよい暮らしは、週3社会のためになる仕事をして、2日は研究、2日は家族と過ごすこと。

コンテンツに戻る